GIRONサービス利用規約


GIRON株式会社(以下「当社」といいます。)は、このGIRONサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)に基づいて、第1条に定義する本サービスを提供するものとします。

第1条(定義)

本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用されます。

①「本サービス」とは、利用者間でコミュニケーションを可能とするアプリケーションの提供をいい、当該アプリケーションを「GIRONアプリ」といいます。

②「利用者」とは、本サービスを利用するために、本規約に同意のうえ、利用者登録を行った者をいいます。

③「本契約」とは、本利用規約に同意のうえ利用者登録することにより成立する当社と利用者との契約をいいます。

④「ユーザーコンテンツ」とは、利用者がGIRONアプリ上で投稿するコンテンツや表現をいいます。

⑤「Gコイン」とは、GIRONアプリ内において、利用者がリワード、ロイヤルティ交換等をすることができる当社が発行するポイントをいいます。

第2条(利用者登録)

本サービスの利用希望者は、本規約の全てに同意した上で、当社所定の方法により利用

者登録をするものとします。

2 当社は以下の事由があると判断した場合には、利用者登録を承認しないことができる

ものとします。なお、当社は利用者登録を承認しない場合においても、その理由を開示す

る義務を負わないものとします。

①本規約に違反したことがある者からの利用登録である場合

②登録内容に虚偽、過誤がある場合

③登録した電子メールが機能していないと判断される場合

④第三者になりすまして利用者登録を行った場合

⑤利用者が第14条に定める反社会的勢力と判断される場合

⑥その他当社が利用者登録を不適切・不適当と判断した場合

第3条(投稿等の権利帰属)

ユーザーコンテンツに関する著作権は、投稿した利用者又は利用者に利用許諾をする第三者に留保されるものとします。

2 利用者は、自己が投稿したユーザーコンテンツに関する著作物を当社に無償かつ非独占的に利用許諾するものとします。

3 前項の利用者による当社へのユーザーコンテンツに関する著作物の利用許諾は、世界的、再許諾可能及び無制限とします。

4 利用者は、ユーザーコンテンツに関する著作者人格権を行使せず、又当該ユーザーコンテンツの著作権を有する第三者に著作者人格権を行使させてはならないものとします。

第4条(本サービスに関する知的財産権)

本サービスに関する知的財産権は、当社又は当社に利用許諾している第三者に帰属するものとします。

第5条(Gコイン)

当社は、利用者に対して任意にGコインを付与することができるものとします。

2 利用者がGコインを取得してから他のユーザーへのリワード、ロイヤルティとの交換、その他当社が定める利用行為をせずにGコインを取得後1年が経過した場合には、Gコインは消滅するものとします。

第6条(ロイヤルティ制度)

利用者は、自己の保有するGコインを当社が指定するロイヤルティと交換することができるものとします。ロイヤルティの種類、Gコインとロイヤルティとの交換比率、その他ロイヤルティ制度に関する詳細は、当社が別途定める「ロイヤルティガイドライン」に定めるものとし、利用者は「ロイヤルティガイドライン」を遵守するものとします。

2 当社は、事前に公表又は通知することでGコインとロイヤルティの交換比率を変更することができるものとします。

第7条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当社が判断する行為をしてはならないものとします。

①法令又は本規約に違反する行為

②公序良俗に反する行為

③名誉毀損、侮辱、誹謗中傷、わいせつに該当する表現行為、又はそれに該当するおそれのある表現行為

④いじめ、脅迫、嫌がらせ該当する行為、及び通常一般人を不快にさせる行為

⑤本サービスを通じ、コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を当社又は第三者に送信し、又は流布する行為

⑥当社の管理するサーバー、ネットワーク、又はシステムその他通信設備等に不正にアクセスし、若しくは不正なアクセスを試みる行為又は過度な負荷をかける行為

⑦本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

⑧第三者に成りすます行為

⑨当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為

⑩特定の宗教への勧誘、宗教活動

⑪出会い目的または成人向け(性的・暴力的)コンテンツの投稿

⑫利用者が投稿したユーザーコンテンツを無断で転載又は利用する行為

⑬アフィリエイト広告及び商業サイトへ誘導する行為

⑭本サービスに関するプログラム等をリバースエンジニアリング、デコンパイル、逆アセンブルに該当する行為

⑮自動化したサービスやアプリで本サービスにアカウント登録し、ログイン又はアクセスする行為

⑯クローンサイトを作成する行為

⑰その他、当社が不適切と判断する行為

第8条(ユーザーコンテンツの削除等)

当社は、以下の各号に該当するユーザーコンテンツを削除することができるものとします。

①法令又は本規約に違反するユーザーコンテンツ

②当社又は第三者の権利・利益を侵害し、又は侵害する恐れがあるユーザーコンテンツ

③当社が不適切と判断するユーザーコンテンツ

2 当社は、前項の規定により、ユーザーコンテンツを削除した場合においても、ユーザーコンテンツを削除した理由を開示する義務を負わないものとします。

3 本サービスは、利用者が他の特定の利用者のユーザーコンテンツを非表示にすることができる機能を実装することができるものとし、当該機能が実装された場合には、利用者は他の利用者のユーザーコンテンツを任意に非表示にすることができるものとします。

第9条(システムの保守管理等)

当社は、以下のいずれかの事由に該当する場合、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部もしくは一部を中断、又は停止することができるものとし、これにより、利用者その他の第三者が被ったいかなる不利益及び損害について、責任を負わないものとします。

①システムの管理・保守等のメンテナンスを行う場合、又はシステムの機能向上のためのアップグレードを行う場合

②システム又は本サービスに関する通信環境の障害、天災、火災、ストライキ、洪水、疫病、暴動、戦争、テロ行為等に起因し、又はそれに関連する要因により、本サービスの全部又は一部の提供不能が発生した場合

③第三者によるハッキング、クラッキング等の本サービスに対する一切の妨害行為に起因し、又はそれに類する事情が原因となり本サービスの全部又は一部の提供不能が発生した場合

④その他、当社が中断又は停止を必要と判断した場合

第10条(権利義務の譲渡)

利用者は、本規約に基づいて発生した権利及び義務を第三者に譲渡し、又は担保に供してはならないものとします。

2 当社は、本サービスの事業を第三者に譲渡する場合(会社分割等実質的に事業を譲渡する場合を含む。)は、事前に利用者に公表又は告知することにより、利用者の事前の承諾なくして、本契約上の地位又は本規約に基づいて発生する権利若しくは義務について、第三者に対する譲渡、担保設定その他の処分を行うことができるものとし、利用者はかかる処分について本項において予め同意したものとします。

第11条(当社の責任)

当社は、利用者に対して、本サービスに関して、利用者の特定の目的の適合性、商品性、正確性、有用性を有すること、及び不具合が生じないことについて一切の保証をしないものとします。

2 当社は、当社による本サービスの提供の遅延、中断、停止、終了、利用不能又は変更、ユーザーコンテンツの削除・消失、利用者の登録情報の抹消、その他本サービスに関して利用者が被った損害につき、一切の責任を負わないものとします。

3 本サービスに関連して、利用者間、又は利用者と第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。

4 当社が本規約に違反したことにより損害賠償責任を負うとしても、当社に故意又は重大な過失が存する場合に限るものとし、利用者に生じた現実の損害(逸失利益は除く。)のうち、通常かつ直接の損害のみを賠償するものとします。

第12条(当社の解約)

当社は、利用者が本規約に違反した場合には、いつでも本契約を解約することができるものとします。

2 前項の規定にかかわらず、当社は30日前に書面又は電子メール等の電磁的方法により通知することにより、いつでも本契約を解約することができるものとします。

3 前二項の規定による解約の意思表示については、当社が利用者の有効な連絡先を知らない場合には、利用者のアカウントを抹消することにより本契約を解約することができるものとします。

第13条(個人情報の取り扱い)

当社は、本サービスを通じて取得する個人情報に関しては、別途表明する「個人情報保護方針」に基づき取り扱うものとします。

2 本サービスの提供にあたって当社が取得した個人情報について、当社に対して弁護士法第23条の2に定める弁護士照会制度による照会申出があった場合又は刑事訴訟法第197条第2項による照会があった場合及び裁判所若しくは警察その他行政機関の命令・捜査等があった場合には、当社は必要な範囲において情報開示を行う場合があり、利用者はそれを事前に承諾し、同意するものとします。

3 当社は、本サービスを通じて取得した情報のうち、統計的処理を施して個人を特定できない統計情報については、法令の範囲内で制限なく利用することができるものとし、さらに利用者の承諾なく第三者に開示できるものとします。

第14条(反社会的勢力の排除)

当社又は利用者は、自己が次の各号のいずれにも該当しないことを表明・保証し、相手方が各号のいずれかに該当することが判明したときには、別段の催告その他の手続きを要せず、即時に本契約を解除することができるものとします。

①暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力団又はこれらに準ずる反社会的な集団又は個人(以下、総称して「反社会的勢力」という。)であること。

②役員又は実質的に経営を支配する者が反社会的勢力であること。

③親会社、子会社(いずれも会社法の定義による。以下同じ)が前二号のいずれかに該当すること。

2 前項の規定による本契約の解除により、解除者に損害が生じた場合には、被解除者は解除者に生じた損害を賠償するものとします。

第15条(規約の変更)

当社は、当社所定の方法で通知又は公表することにより、法令の範囲内で本規約を任意に変更することができるものとし、本規約の変更後に利用者が本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に本契約を解約しない場合には、利用者は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第16条(本サービスの内容等の変更及び終了)

当社は、当社の都合により、利用者に提供する本サービスの内容、範囲及び権限を変更し、又は提供を終了することができます。

2 当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第17条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又は規定の一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定、及び規定の一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第18条(裁判管轄)

本契約又は本サービスの利用に関して、当社と、利用者との間で生じた紛争については、訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第19条(準拠法)

本契約及び本サービスについては、すべて日本国の法令が適用されるものとします。



以上


制定日:2019年 1月20日

改訂日:2019年12月23日